てんかんは症状に合わせて薬を服用する

カルバマゼピンはてんかん発作、躁状態を落ち着かせる作用があります。
てんかんには「突発性てんかん」と「症候性てんかん」の二種類があり、原因不明とされているのが「突発性てんかん」で、原因が解明されているのは「症候性てんかん」です。
症候性てんかんは脳に何らかの傷やダメージがある場合に起こる発作です。
病名で言うと、脳梗塞や脳炎、脳出血、脳外傷、低酸素などです。

てんかん発作にも「全体てんかん発作」と「部分てんかん発作」あります。
てんかんの発作は脳が過剰に興奮することで起こります。
全体発作の場合は脳全体が興奮、部分発作は脳の決まった部分が発作を起こすのです。
全体発作を起こした場合、意識を完全に失ったり、全身の激しい痙攣、全身の力が入らなくなり倒れると言ったことが起こります。
部分発作は意識を失うことはありませんが、一時的な意識の消失、全身の痙攣があります。

てんかんと一口にいっても、その人一人一人の症状が違います。
病名がてんかんであってもそれが原因不明の突発性てんかんなのか、原因のある症候性てんかんなのか。
発作はどの程度の重さなのか等、てんかんでも細かく種類が分けられるのです。
それぞれの病名と状態に合った治療が必要になります。

てんかん治療にカルバマゼピンと呼ばれる薬が使われます。
これは部分発作の方に効果を発揮する薬です。
てんかんだけではなく、躁病の治療にも使われます。
脳の興奮状態を引き起こす受容体を遮断する効果があり、てんかんにも躁状態にも効果が現れます。
このカルバマゼピンは脳内の三叉神経根が圧迫されることで起こる三叉神経痛にも効きます。
注意点としてはハイリスク薬に分類される薬なので、飲み合わせや用法・用量には注意して服用しましょう。

関連記事