カルバマゼピンが適応となる病名と原因とは

患者と話している医者

カルバマゼピンは、向精神病薬として知られる薬剤です。
多くの疾患に対して効果があることから、様々な病名の治療薬となっているものです。

実際処方されることが珍しい薬ではなく、病院でもよく出される薬の一つといえます。
双極性障害の躁症状、認知症の周辺症状などを抑えることが出来ます。
しかしカルバマゼピンにはこれらの病名よりも効果的な病名があります。
それはてんかんです。

てんかん症状を抑えるにはカルバマゼピンは効果的な薬剤と言えます。
てんかん症状は一般的な原因として、脳の器質異常にあります。
脳に対して障害などが生じる事が原因で起きる症状です。
それに対してカルバマゼピンがNaチャネルの阻害を行う事で末梢神経や脳神経のイオンチャネルの働き、つまりタンパク質の輸送の逸脱症状を抑える事で症状を緩和します。

原因である傷などに対して介入する訳ではなく、原因である傷などの出現後に生じるNaチャネルによる働きを軽減させる事で効果を発揮します。
カルバマゼピンはNaチャネルの阻害によって薬効を発揮すると述べました。
それによって具体的にどのような症状が抑えられるのでしょうか。
カルバマゼピンではてんかん発作でも著名な失神などの大発作症状やてんかんが原因で生じる抑うつなどの精神症状、精神運動発作と呼ばれる意味の分からない行動を繰り返しとってしまう症状を軽減させます。

つまり、カルバマゼピンによって様々な症状をコントロールすることが可能となるのです。
もちろん、カルバマゼピンは完璧な薬ではありません。てんかん症状に苦しんでいる方にとって悩みとなりやすいものである、薬が原因となる眠気や倦怠感といった副作用なども留意する必要があります。
そのため安易に薦められるものではなく、医師の診断が前提となる薬剤と言えるでしょう。

カルバマゼピンを含むラミクタールはよくてんかん治療に使われています。
前述の通りてんかん治療薬全般は医師の診断を受けて処方してもらうということが前提の薬剤です。
しかし、同じ薬を使い続けるのであれば毎回病院で処方してもらわずとも通販でその薬剤を購入することも可能です。
ラミクタールをジェネリックにすることで価格を抑えることが出来るので、通販を利用することは経済的といえます。
ただ、そこで薬を購入して使っているからと言っても病院へ行かなくても問題無いというわけではありません。
通販で薬剤を購入しても病院での経過確認や服薬の指示などは医師から受けるようにしましょう。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧