腹性症状の問題もカルバマゼピンで解決

カルバマゼピンは神経疾患に使われる薬で抗てんかん薬です。
しかしカルバマゼピンの有用性は他の精神疾患にも有効で、抗うつ剤や三叉神経痛などにも有用とされ使用されています。
三叉神経痛などの痛みにも効果がありますが、鎮痛剤ではなく抑止剤と言う事が重要なポイントとなります。
抗うつ剤では第一選択肢として三環系抗うつ剤と呼ばれているセロトニン取りこみ阻害薬が使用される事が多いのですが現状です。
種類も多く使用する種類も豊富で症状に合わせて強弱を調整する事も簡単だからです。

手軽に服用できる反面、服用後にシャンビリと呼ばれる離脱症状があらわれる事があります。
シャンビリとはシャンシャンなる耳鳴りや手足がビリビリする症状が薬を止める事で出る症状です。
その他にも腹性として便秘や腹痛などの症状があらわれる事があります。
こういう場合には三環系抗うつ剤に敏感な体質を持っている場合が多く継続して服用する事が困難な場合などにカルバマゼピンの服用が選択される事があります。

カルバマゼピン服用でシャンビリを起こしているという事例が無い事とセロトニン取りこみ阻害薬とは違う作用で脳の神経伝達経路に働きかけをする仕組みの為腹性の悪心も少なく気分を安定させる効果に優れています。
特に躁状態が強く攻撃的な場合などにも有効で、抗うつ効果でも再発予防効果も期待できます。
三環系抗うつ剤は2週間をめどに使用する事が多く症状が緩和する際に服用を中止しますが、カルバマゼピンは治療薬というより抑止効果を期待して使用する性質の為服用は症状が出ている限り続けます。
また服用に伴う吐き気や腹痛などの腹性症状の心配もありません。
症状が完全におさまる前に服用をやめてしまうと再発してしまう為独自の判断で断薬をしてはいけません。

関連記事